« 佐野・耳うどん | トップページ | 「モツ煮狂い」 よいご本です。 »

2007年3月11日 (日)

SKANE

ヘニング・マンケルのスウェーデン警察小説で思い出しましたが、彼が活躍するのはスウェーデンのスコーネ地方。

スウェーデンの酒といえばアクアビット(命の水)というスピリッツが有名。ジャガイモを原料としてクミンやアニスなどの香辛料で香りをつけたもので、スウェーデンだけでも「OPアンダーソン」「ストックホルム」「ベルコーズ」「スワルトヴィンバース」「オルボー」「リニア」などなど沢山の種類があります。

01390 その中でもスコーネ地方のアクアビットは「スコーネ」のブランド。日本で手に入るのは「スコーネアクアビット」700ml40度など。

このスコーネを飲ませる、店が渋谷にあります。名前も「SKANE・スコーネ」。メニューは、キンキンに凍らせた「スコーネ」とスウェーデンのチーズのみ。冷やしたスコーネをショットグラスでかくっと喉に流し込みながら、スウェーデン姉ちゃんが、削ってくれるチーズを食う。これの繰り返し。姉ちゃんたちは、スウェーデンとか北欧関係やイングランド関係だけで、なかなか言葉が通じなくて、しかたがなくて、かくっかくっと高濃度のアルコールを流し込むしかないので、すぐに酔っ払い親父になってしまい、あとは、野となれ山となれという具合で、だいたいこの店にいくと意識不明になり、よく五日市まで帰ってきたなぁと朝、自己感心するのであります。合掌。

最近、行っていないけど多分まだあると思いますので、姉ちゃんとスコーネとスゥェーデンチーズに興味のある方はどうぞ。

案内人が欲しいというのであれば、声をかけてください。いつも読み終わった、ヘニング・マンケルの本をママ様に差し上げていますのでちょうどいい頃かなと思います。

■スコーネ
東京都渋谷区渋谷1-15-16 第2ソシアビル3階
電話 03-3407-9131 営業時間 お姉さまが来る頃~ 7時過ぎ


ブログに貼る地図『お散歩マニア』

|

« 佐野・耳うどん | トップページ | 「モツ煮狂い」 よいご本です。 »

コメント

Korinaさま
いやぁ懐かしいSKANEですね。ワタクシはすっかりご無沙汰してます。アクアヴィトとチーズの香りを思い出しました。こんど行ってみよう。
五日市は、しとしとの雨に新緑が洗われてしっとりとしています。つばめたちは、巣の中でじっと我慢。6月1日からは、いよいよ鮎の解禁です。

投稿: 万次郎 | 2011年5月12日 (木) 午後 06時25分

長くスウェーデンに勤めていたのに、この店を昨晩知りました!
氷ったアクアヴィットに北欧チーズON クネッケブラー!碧い壁面にヴァイキング。これぞスウェーデン。スウェーデンっ娘はいませんでしたが、楽しい時間でした。SKANEで検索したらこちらにリーチしたのでコメントさせていただきました。五日市は国立で育ったのでよく行きました。これから川の清流が気持のいい季節ですね。

投稿: Korina | 2011年5月12日 (木) 午前 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105632/5406278

この記事へのトラックバック一覧です: SKANE:

« 佐野・耳うどん | トップページ | 「モツ煮狂い」 よいご本です。 »