« 黄水仙 | トップページ | SKANE »

2007年3月 8日 (木)

佐野・耳うどん

0702236お仕事で佐野に行ったときに発見。佐野はラーメンといもフライとゼリーとかと思っていましたら。耳うどんというものがあると聞きました。

たどり着いたのが、佐野の駅の南口からほど近い「野村屋本店」。手打ち蕎麦とうどんのお店。店頭に手打ちを行うスペースがあるから、きちんと手打ち蕎麦とかをつくっているんでしょう。

でも耳うどん。

070223 注文しました。金色の蓋がついたお碗が登場。蓋をあけると温かい湯気が立ち上る。

0702233 芳しいツユの香りが立ち上る。出汁巻きとなるとが目立つ。

なんか白いものが浮いている。これが「耳うどん」かとすくい上げる。耳ですね。耳。数えてみると15個くらいの耳が、ツユの中に潜んでいる。

0702234 うーんツユが旨い。出汁の聞いたツユに椎茸の香りがたつ。味付けも丁度いい。濃いような薄いような飲み干せる濃さ。耳は、つるんとしていて、これも歯ごたえとしっとり感が微妙なバランス。ツユとのからみもいい。もったりないから、熱いうちに、つるつるっとれんげで、つゆと一緒にすする。喉越しと歯ざわりが、つゆとともに流れ込む快感がなんともいえない。あっという間に完食。

0702235 これは全国的に流行りそうな予感。佐野ラーメンは、なんかしょっぱい系が本家的で、ちょっと田舎っぽい味付けですが、これは都会的な洗練された食い物であります。

ホームページのクーポン券をプリントしてもって行ったら、トッピングは一つ無料、そして料金も810円のところ740円でありました。

旨い旨いの合掌。

|

« 黄水仙 | トップページ | SKANE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105632/5473024

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野・耳うどん:

« 黄水仙 | トップページ | SKANE »