« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

かき氷

五日市、丸市屋さんが夏だけ開店するかき氷のコーナー「夏竹」。ワタクシは、「夏岳」のほうがいいような気がするのですが・・・。

P1160646

氷屋さんのかき氷は、かき氷らしくて凛としてぴんとしてきりっと歯や喉や頭に痺れるくらいの美味。散歩の途中に食べるのが癖になっている。

P1160645

きっぱりと「いちご」。かき氷は、「いちご」しかありえない。おばぁちゃんが冷凍庫から角氷を出してきて、しゃりしょりしょりしゃりとかき、あらかじめいちごシロップを入れた器にかき氷をエベレスト的に盛り上げる。

P1160647

盛り上げたかき氷に、くるくるといちごシロッブをかける。

P1160648

P1160651

氷のなかに埋もれたい。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

ヨルイチ

五日市ヨルイチ。毎年雨のヨルイチなのが、今年は晴れ。五日市広場で市神さまにお祈りをしたのが効いたのか。駅前には、「ヨルイチ」旗が翻る。

P1160657

「ヨルイチ」グッズの販売も。手ぬぐい、風呂敷、絵葉書・・・。

P1160655_2

人力車の組み立てを購入。500円。

P1160656 

仲町のテントでは、「仲宿」の「ヨルイチ札」が無料で配られている。

P1160658

P1160667

P1160668

しかし、なんといっても今年の目玉は「地口行灯」だろう。五日市、戸倉、小宮の各小学校の子供たちが書いた行灯が、道々に飾られている。

P1160664

P1160661_2

缶ビールを飲みながら「jazz」の響きに酔いしれる。

P1160663

東京の軽井沢・五日市の夏は、爽やかな夜風と鈴虫の音色のなかで過ぎていきます。さぁて、来月はいよいよ、五日市のお祭りだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

五日市祭り

もう秋祭り。五日市祭りのポスターが張り出されました。

P1160141

詳しい内容は「上町囃子連」のホームページをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

百合

可憐と言うことばがあるとしたらいま五日市の道々に咲く百合の花。

P1160139

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

椅子

散歩の途中見つけた椅子。

P1160127

思わず敬愛する詩人 茨木のり子さんの「椅りかからず」という詩が浮かんできました。

もはや
できあいの思想には倚りかかりたくない 
 もはや
 できあいの宗教には倚りかかりたくない
 もはや
 できあいの学問には倚りかかりたくない
 もはや
 いかなる権威にも倚りかかりたくない
 ながく生きて
 心底学んだのはそれぐらい
 じぶんの耳目
 じぶんの二本足のみで立っていて
 なに不都合のことやある
 倚りかかるとすれば
 それは
 椅子の背もたれだけ

合掌。

倚りかからず (ちくま文庫) Book 倚りかからず (ちくま文庫)

著者:茨木 のり子
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月25日 (火)

深沢小さな美術館ごあんない人形

早朝のおめざめ顔のお人形は、朝の風の中でさわやかなお顔。

P1160111

このお人形たちは、「深沢小さな美術館」までのご案内人形。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

ひとりぽっち

ひとりぽっちの百合。

P1160109

・・・・。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

感謝

増戸地域の畑の直売所で見つけました。

P1160084

大地の恵みに感謝しなくてはいけないのだぞ。山田くん。

P1160085

合掌。

となりの畑の葡萄は、食べ頃。

P1160083

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

大悲願寺 白萩

大悲願寺。

P1160198

仁王門の天上には、ワタクシのお気に入りの「天井絵」があります。仁王門が再建されたのは安政6年(1859年)ということなので、150年前に描かれた絵。中央の大日如来の梵字を囲んで草木の花たちが描かれています。隅に「狩野養信門人藤原善信」の銘がある。五日市小庄の人。仁王像の天上にも天女などの絵がありますが、これを描いたのは、日の出町平井の人で、森田五水という人。

P1160199

境内の白萩は、先日からそれほどの違いはありませんが、ちらほらりと白い花が目立ってきました。

P1160203

色変わりの花もちらりと咲いています。

P1160204

早朝の境内は、読経の響きの中にきりりと静。お気に入りの場所のひとつです。

合掌。


お散歩マニア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

夏ばて

夏の暑さに耐え切れない。

P1160092

夏ばて・・・。

P1160091

ビール・・・。

欲しい・・・。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

小金井 大黒屋

JR中央線・武蔵小金井駅北口にある「大黒屋」。昔は、一軒屋だったお店が、ビルに建て替えられ綺麗になりましたが、内装は昔のまま。こういうところが、伝統の居酒屋の粋。

P1160166

キャッチコピーも昔のまんまん。「今晩飲んで、明日は仕事」。「毎晩飲んで、明日もシゴトかょ」の傾向とは異なり、毅然としている。

P1160167

「白波」の水割り300円を頼む。なみなみとコップから受け皿に溢れる焼酎と氷、水、コップの4点セットが登場。

P1160157

「もつ煮込み」。いろんなモツとじゃがいも、こんにゃく、豆腐などが、味噌のベースの味付けで、焼酎にぴったり。

P1160159

お気に入りなのが「しめさば」。たっぷりの胡瓜の細切りとみつばの上に、しめさばがのっている。

P1160155

これも昔からのチーズ。なぜか、昔の居酒屋には、オニオンスライスとチーズというのが必ずあった気がする。

P1160161

あとは、「くさや」もあります。

こうして久しぶりの小金井の夜は過ぎていくのでありました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

大百日紅

日の出町大久野の古刹「西福寺」。開創以来一千年の歴史を持つ寺としても知られている。

P1160101

二本の大きな百日紅の木が、爽やかな木陰をつくっている。階段に座り、ひと休み。だぁれもいない境内の静まり返った空間を独り占め。

P1160098

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

五日市朝市

朝の散歩の途中、毎月第三日曜日に開催される「五日市朝市」に立ち寄りました。開催場所は「陶器のむらやま」さんの駐車場。

P1160126

手づくりのこんにゃくやら、野菜、魚から、手づくりぞうりまでいろんなものが並べられています。

P1160114

真ん中に、縁台が置いてあり、お茶やあんころもち、黒米のおこわなどの食べ物が振舞われています。スイカは、北海道の有名なでん助すいかの系統のものだということでした。

P1160118 

歯ざわりがよく糖度がたかい美味なるすいかをいただきました。

P1160120

手づくりのあんころもちは、ぱす。

P1160121

黒米のおこわが旨い。

P1160119

さぎそうの花は、いまが盛り。

P1160123

ごちそうさまでありました。また、次回もおじゃましよう。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

もりもり盛あがる・・・

空はきちんと青く、雲は見事に白い。

P1160094_2

もりもり盛りあがる雲へあゆむ (山頭火)

ほほづきは、少し艶やかに色づきはじめました。

P1160095_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

御茶ノ水 徳兵衛

週に何回か行っているのだけど、写真を忘れ、我を忘れ、すべてを忘れ、阿保方向で飲んでいる。たまには、宣伝をしなくちゃぁということで、ぱちり。

いつもは、「梅割り」から入るのですが、この日は、なぁんと「生ビール」なんぞをたのんでしまった。

P1160029

定番の50年近い歴史を持つ「煮込み」。

P1160030

ワタクシの定番は「梅割り」。この飲み物は、なぜか店のメニューには書かれていない。梅シロップは少なめにお願いしています。表面張力の力で、持ち上がった焼酎酒面に口から行く。受け皿にも、あふれた焼酎がなみなみといらっしゃるので、コップを飲み干しても、二度のお楽しみがまっている。酒飲みのいやしさ対応サービス。これが嬉しい。

P1160032

サービスでいただいてしまった「唐揚げ」。

P1160033

最近、友人と行くと注文する「ポテトフライ」。カレーの風味が生き生きで美味。本日は、なぁんと唐揚げのコンビでサービスされてしまった。感謝。

P1160034

今年は、夏休みもなく、正しい酔っ払いたちに尽くすとマスターが言っていました。御茶ノ水に来たら、必ず寄るように。

御茶ノ水を降り、おおっこんなところに路地がという路地を入ると、一挙に昭和20年代の世界が。向かいの喫茶店「ミロ」もなかなかの雰囲気であります。


お散歩マニア

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

百日紅

武蔵五日市駅からの檜原街道沿いには、真っ盛りの百日紅の花々が咲き誇っています。

Resize0993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

壊れちゃいそうな美しさ

8月10日の朝日新聞・夕刊。先日亡くなった我らがマドンナの大原麗子さまの追悼記事。助監督からのお付き合いで「居酒屋兆冶」を撮影した降旗康男さんの文章がありました。自分の部屋で亡くなった大原麗子さんは「居酒屋兆冶」のヒロインそのままの行き方だということでした。

P1160020

「・・・緊張感のある美しさというか、さわるとすぐに壊れちゃいそうな美しさを感じました。」

だんだん素敵な人がすくなくなってしまう。

「居酒屋兆冶」をまた、見なくちゃ・・・。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

朝露

朝露。

P1160013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

空中浮遊

黄色い落ち葉は、まだ自分の最後を認めたくなくて空中を漂っている。

P1150806

鶏頭の花は、呆れている。

P1150805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

反省中

なんでも売っている「ダイソー」。「反省」も105円。

Resize0972

会社に一枚必需品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

大悲願時 萩の花

あきる野市横沢、真言宗豊山派の古刹「金色山 吉祥院 大悲願寺。約1400年前、聖徳太子が全国行脚をした際にこの地を訪れ、草堂を建てたのが起源といわれています。その後、源頼朝の命により、京都の醍醐寺から澄秀僧正を招き平山季重が建立した。

P1150824

境内一面に、萩が茂る。この白萩を伊達政宗が一株所望したことで有名。

P1150820

P1150823

白萩と臥龍梅

當院の第十五代住職秀雄僧正は仙台の藩主伊達陸奥守政宗公の俗弟であった 元和九年(一六二三)八月政宗公は伊奈へ鮎漁に来遊、當寺を訪ねられた その後公は當院宛に先度は参遂會面本望に候 仍て無心の申事に候へ共御庭の白萩一段見事に候き所望候 先度は申兼候て罷り過し候 預候はば恭かる可く候云云と書翰と寄せられている
然るに昭和四十七年十一月 たまたま五日市町に於て全國健康都市會議の開催された際 議長の仙台市長島野武殿にこのような因縁のある白萩を贈呈したところ 仙台市でも大いに喜ばれ それを記念して當院に政宗公縁の市の銘木臥龍梅の若木を贈られてきた 依てここに移植し 白萩と臥龍梅の由来を記して感謝の微志を表すると共に限なき両市町間の友誼の記念とするものである
 昭和四十八年三月二十一日
     當山       章一書

その白萩にちいさな白い花が咲き始めました。

P1150822

萩の葉には、蝉の抜け殻が。

P1150826

本堂の左手、仁王門の正面に建つのが「無畏閣」。堂内には国の重要指定文化財「阿弥陀如来三尊像」が安置されている。寛政6年(1794年)建立の建物は、最近修理が行われ、正面の極楽と地獄の彫刻が鮮やかに浮かび上がる。

P1150831

向かって左に極楽。

P1150836

右に地獄。

P1150837

そうして、仁王門の下には、蟻地獄。

P1150817

なんとなく・・・

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

巣立ち

2度目の子供たちも、既に巣立ち。

P1090825

横町を知りつくしてや夏つばめ (伊達外秋)

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

藤太軒ニュースレター

日の出町大久野中学校近くの床屋さん「藤太軒」。お店の近くにある看板には、季節に合わせた提案が掲示されています。

P1150764

最近、この掲示板の脇に取り付けられたのが「このポスターが気になる方」向けのボックス。「気になるボックス」。

P1150765

なぁんと最新のニュースをいれたボックス。ドラえもんがかわゆく、ハートマーク付きで「あけてね」といっているで、常識アル大人としては、これはあけないわけにはいかない。

P1150766

開けてびっくり。「あけてくれてありがとう」と感謝されてしまいました。中には、ニュースレターが。

P1150785

「未来に遺したい消費者が選ぶ 日本の理容院・美容院100選」に選ばれてしまったそうだ。81年の歴史と技にぱちぱち乾杯!ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 4日 (火)

竜馬扇

もう数代目になる京都・宮脇賣扇庵の「竜馬扇」。あの坂本竜馬が使っていたとも言われている扇子。柿渋の濃紺。使っているうちにだんだんと黒色になってくるのがいい。大小の2サイズがありますが、小のほうがスーツやYシャツのポケットに収まりがいい。

P1150750

酔っ払ってどこかへ置き忘れたりするので、予備も保管。先日も、八重洲「ふくべ」で隣に座った日本酒と相撲が好きなカナダ人と意気投合して、渋くなりかけた竜馬扇をプレゼントしてしまいました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

駅までの道 

早朝の空。鳥たちもご出勤の様子。

P1150753

消化栓も、ぴかぴかと新しい朝に気をつけ!の正しい律儀な姿で、準備万全体制。

P1150751

カタツムリくんは、「なぁんだょ暑いなぁ朝からよぉ・・・」と呟きながら、ゆっくりとマイペースで日景方面にご出勤。

P1150725

オニユリくんは、真夏の太陽似て、しつこく暑苦しそう。8月30日の誕生花ということなので、これからが本当の旬。こんな顔つきでも花言葉は「賢者」だそうだ。

P1150782

栗は、ハリネズミのように、針を突き出して、秋になるまで、しっかりと実が一人前に成るように子育ての真っ最中。

P1150783

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

みんみんみん セミ

みんみんみんみんみんみんみんみみみん。五日市の夏は、セミの声の夏。

誕生したばかりのフレッシュな蝉くん。しかし、しっかりとみんみんみんんんんみんみんみみみんみみんみと独りで騒がしい。

P1150777

ポーズを決めているが、蝉は、なんとなくまさにセミのような顔つきが哀しい。短い人生(蝉生)なのだから、しっかりと子孫繁栄行動をする相手をしっかりとはやく見つけたほうがいいよ。

夕方には、ヒグラシが、かなかなかなと哀しげに呟く五日市は、いま夏の盛りです。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

土方御用達タオル 寅一

いいねぇ。お気に入り。ワタクシも数年間、道路標識を立てるアルバイトをやっていたことがあるので、準土方。ほんとうにタオルは必需品なのであります。

最近「忘却の彼方」的生活習慣、老人力がついてきて、先日もウォーキングするのにタオルを忘れたことに気付く。セブンで買おうと、入店して見つけたのが「寅一」ブランドのタオル。その名も「プロが考えたタオル」。

Resize0971

なにがプロかと言うと・・・パッケージの後ろの説明には・・・。

●!びっくりするほど結びやすい!
●結び目が小さくヘルメットの邪魔にならない!
●汗や水分をしっかり吸水!
●頭に巻く最適な長さ!(長さ100cm)
●オシャレに楽しく働いて欲しい!
●2本のミシンがけで丈夫な仕上げ!
●3段織だから多機能!
●頭に巻く時便利、タオルセンターに刺繍ロゴ入り!
●日よけ防寒効果に!
●頭全体を覆い、頭皮を保護!(巾34cm)

というふうに、10エクスクラメーション・マークの優れものなのだ。しかも、399円。これだけ顧客の不便解消提案型商品は他にあったのだろうか。消費者の組織、コープや生協だって出来ない技。よぉく勉強しなょ。

朝の出勤時は、石川パーキングで、かき揚げ蕎麦を喰い、腹が減るからほんとうの「どかべん」を持ち、500mlのコーラを右手に、左手に魚肉ソーセージがおやつ。帰りには、山田うどんで小腹を満たし、夜には、焼酎やウィスキーをばんばん飲んでも太らない生活。土方生活は、健康生活。生活習慣病なんかないの。生活習慣の人は、土日にアルバイト土方をやったらお金も入り健康になっちゃう一石二鳥。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »