« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

阿伎留神社の本殿の後ろの蔵。

P1000294

やっぱり、顔にしか見えない。だんだん顔になってきた。

Resize1352

拝殿は、知らない顔をしているが、この蔵をみたら少し微笑むかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

どうぞと言われても

インターホンでどうぞ といわれてもナ。

P1000271

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

む・・・。

なんだか元気。

P1000257

下で真似をしている人(草)がいる。

P1000258

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

純粋階段

高尾地区にある「純粋階段」は、健在でした。よりすっきりしたようなお姿。

Resize1314

恐れ多くて登れない。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

はろ

「はろ」。

P1000195

手を広げて「はろ」といわれてしまった。

「はろ」と応えました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

秋川橋が泣いている

秋川橋の親柱のことは、「秋川橋落ちた」などこのブログで何回か報告をしていますがいまだ同じところで寂しげに哀しげに佇んでいます。市長への手紙にも書いたことがありましたが、返事はなんとなく積極的な感じだったのですが。

最近は、ポストの置き場所に。これはこれでなんとなく、お似合いですが。足元のドクダミの花がとてもいい。

P1000223

一方は、顔から血を流しているようで哀しい。石の置き場所というのもさらに哀しい。

P1000224

合掌。

なんとか郷土館あたりに安置したいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

水無月祓い

もう一年の半分。

P1000229

夢か現か、酒盃をひとつ干すように歳が過ぎていく・・・。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

蛍袋は可哀そう

蛍がもうすぐ飛び回る季節になりました。それにあわせて、律儀に蛍袋さんも紫色のしっとりとした大きな釣鐘型の花を咲かせ始めました。

P1000198

捕まえた蛍をこの袋状の花の中に入れて持ち帰ったことから名づけられたといわれている蛍袋。学名は「カンパヌラ・プンクタータ」。カンパヌラが、銀河鉄道の夜のカンパネルラに似ていたものだから印象が深い。赤紫色の袋の中で、蛍の光が点滅するのを想像すると星雲の輝きを思い浮かべる。

そんな、蛍袋さんは、スカートのなかを覗くようにしたから覗かれることが多いという。そんなときも、「きゃぁ」とか声を出さずに毅然とした姿が凛々しい。

P1000199

『ほうたるほたるなんでもないよ』(山頭火)

『ほうたるこいこいふるさとにきた』(山頭火)

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

沢蟹

いつもの築地の下の湧き水のところに、いつもの季節、いつものような顔をした沢蟹が現れる。

P1000280

ちょっと目があってしまった。

P1000283

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

くちなし

武蔵五日市駅方面から大悲願寺の坂を上る入口に、白く輝くくちなしの花たちが咲いていました。

Resize1347

ジャスミンに似た、さわやかな芳香を漂わせています。

Resize1346

ジャズのビリー・ホリディは、この花を好み髪にさしてステージにあがったという。

坂の途中。早朝の雨が露のように光り輝いています。

P1000252

大悲願寺の裏山の紫陽花たち。

Resize1348

アナベルさんは、しっとりと純白の衣装。

P1000259

チョウチョは、じっと雨宿り。

P1000266

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

広徳寺の巨木たち

臨済宗建長寺派「龍角山 広徳寺」。創立応安6年(1373年)。境内には公孫樹、都天然記念物のタラヨウやカヤの巨木たち。早朝は、だあれもいないので空気からなにから独り占め。

P1000139

カヤの木。広徳寺裏の竹林中にあるこのカヤの木は、目通り幹囲5.35m、樹高45m、枝はりは東西で13m、南北19.4m。多摩地方最大のもの。カヤはイチイ科に属する常緑樹。樹皮は滑らかで青味がかった灰色、材で碁盤をつくる。

P1000144

タラヨウの木。本堂裏にそびえるタラヨウは、目通り幹囲2.45m、樹高19m、枝張り東西14.24m、南北15.5m。都内最大のタラヨウ。モチノキ科に属し、近畿以西、四国、九州の暖かい山地に生える常緑樹。

Resize1312

本堂の前の二本の公孫樹。

Resize1310

Resize1311

いつも、ふたりの(ふた木)肌にしばらく手をあてて、木の精気をいただいている。

いい気持ちなのである。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

血のケープタウン ロジャー・スミス

いゃぁ凄い新人作家が現れた。帯のキャッチコピーが的確にこの小説の凄さを語っている。『新世代暗黒小説の傑作誕生!生粋の南アフリカ人作家が描く、話題の国のダークサイド。われわれ”北”の国々が失った本物の渇きと祈りがここにある。』

サッカーもいいけど、この小説を読まなくてはいけない。右手に小説、左手にビールをもってサッカーを見ると、はらはらどきどきが5倍になります。通勤電車でも決して眠らせない”通勤快読”の一冊。

作者のロジャー・スミスはリチャード・スタークの「悪党パーカー」シリーズが大好きで、繰り返し読んだそうだ。なるほどと納得。

いますぐ本屋やアマゾンにアクセス。おくそ暑い日本の不機嫌なんか、びゅぅとすっとんでしまう。今年度のベストに入ること間違いない。

すでに映画化もきまったそうだ。

血のケープタウン(ハヤカワ・ミステリ文庫) Book 血のケープタウン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者:ロジャー・スミス
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

第二作「WAKE UP DEAD」も、今年の2月には発売され、話題を呼んでいるとのこと。日本発売が待遠しい。

いいねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

とるなよ

小中野で発見。

P1000127

とるなよ。

切実だな。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

大光寺 地蔵

高尾にある真言宗・豊山派の寺「宝生山 明王院 大光寺」。門前の地蔵様が好き。

Resize1313

毛でも草でもなんでもこい。

ワタクシは、毛に手をあげます。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

アジサイ山

もうそろそろかな。日曜日の早朝、紫陽花の様子を訪ねて、深沢のアジサイ山へ。武蔵五日市駅からは、人形たちがご案内。徒歩でも30分程度。

P1000196

鉛筆型。

P1000197

おっ、気づかなかった。

P1000215

アジサイ山はこちらです。

P1000208

これらの人形たちは、「深沢小さな美術館」の友永さんがつくられている。小机地区の入口にもふたりの人形がたたずんでいます。

P1000235

さあて、アジサイ山へ。入口にもお人形がお出迎え。

P1000209

まだ少し早いようだ。入梅する今週辺りがいいかもしれない。梅雨雨の中でこそ、紫陽花たちは元気に頑張るのでしょう。

P1000211

足元をつつくものがいる。なぁんと沢蟹くんでした。下の沢から登ってきたのだろう。

P1000214

沢蟹くんに見送られて、山を下りる。

深沢入口の穴澤神社近くの紫陽花たちのほうがいい。こちらは毎年、先に咲き誇る早熟な紫陽花。

P1000216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

日曜日限定のお店

武蔵五日市駅から近くの「小机坂下」バス停の前に毎週日曜日のみ開店するお店。

P1000234

近所のお姉さんたちがやっているものだから、ウォーキングの途中に通りかかるとおいでおいでと誘われる。今日も、美味なお茶と漬物やお菓子たちをご馳走になる。最近は、弁当まで販売。このシャケの入った弁当は、麦飯でつくられているのでお気に入り。買って帰ろうと思っていたら、お茶を、ぼぉっと飲んでいるうちに買い占められてしまった。

P1000233

早く行かないと売切れてしまうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

蝸牛

紫陽花が少しづつ花開いてきました。

Resize1316

きゃぁぁぁぁ。

蝸牛よ、だめだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ウィンクしているように見える。

Resize1303

木のなかの哲学者。

P1000122

思わず・・・。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

小鳥

伊奈の裏通り。屋敷の門に小鳥たちが。

P1000094

葉を咥えたまま動けない。

Resize1291

くもの巣が背中に。少し熟成傾向の小鳥。

Resize1292

そんなふたりを軒から覗いている。

Resize1293

発見したときは驚きましたが、最近は、ウォーキングコースに組み入れて挨拶をすることにしています。

反応がない。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

野口英生 ころころころり

友人にいただいた野口英世博士。会津伝統の起き上がり小法師の野口バージョン。Dr野口くんは、「忍耐」の文字を錘に、ぐるころぐるころところげているのです。不撓不屈、刻苦奮闘、闘争勝利。

Resize1301

くやしいので、頭を逆さに立てたのですが、くるりともとのお姿に。やはり、天才の根性はちと違う。顔つきも利発を形にしたよう。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

2010 国民読書年

知っている人ぉぉぉ手を挙げて・・・。

2010年は国民読書年なのでありました。凄いねぇ、国会で決議されているの。なんでも、昨今、読書離れが進み、読解力や言語力の衰退が我が国の精神文明の変質と社会の劣化を誘引する大きな要因の一つとなりつつあることは否定できないなぁんて書いてある。「精神文明の変質と社会の劣化」だって。こっちの決議のほうがちょっと劣化した感性と文章のように思えるけど・・・。

それを象徴するのが、統一のキャッチコピー。じゃじゃん・・・。

P1210232

うむむむむ。

もうひとつのポスターは・・・。

P1210233

おいおいおい。

ほにゃらら。仕分けだな。事大主義的な昔のおっさんたちには疲れる。おっさんになっているワタクシは、おっさんらしくないおっさんを目指して、御茶ノ水・徳兵衛で修行を重ねるのであります。

合掌。

・・・なんとなく、本が嫌いになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

高田 侑

読み忘れていた高田侑。文庫になった「うなぎ鬼」を読んでから、その語り口の旨さに、すっかりファンになり一日一冊ペースですべてを読了してしまいました。細部を緻密に描く筆力が抵抗なく本の世界に入れてくれる。第一作「裂けた瞳」で、第4回のホラーサンペンス大賞を受賞。

「うなぎ鬼」は、うなぎの蒲焼を好む人は、読まないほうがいいかもしれない。ワケは読まないと解らない。

うなぎ鬼 (角川ホラー文庫) Book うなぎ鬼 (角川ホラー文庫)

著者:高田 侑
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

裂けた瞳 (幻冬舎文庫) Book 裂けた瞳 (幻冬舎文庫)

著者:高田 侑
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鉄槌 Book 鉄槌

著者:高田 侑
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

てのひらたけ Book てのひらたけ

著者:高田 侑
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

おお、そうだ大切な一冊を忘れていました。『こんな恋なら、してみたい――。ゆるくて確かな関係が心をじんわり温める長編小説。』フェイバリットがありました。

フェイバリット Book フェイバリット

著者:高田 侑
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

鮎釣り

秋川は6月1日から鮎の解禁。青空の日曜日。

Resize1307

鮎たちも気持ちよく風にふかれています。

P1000129

釣り人たちも川の両側に整列しなんだか仕事にでもきたような真剣な雰囲気。

P1000134

佳月橋の上からぼぉっと見ていましたが、なかなかフィッシュ・オンがみられない。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

うふふ詩集 まどみちお

102歳の現役の詩人まどみちお さんの詩集「うふふ詩集」。読んでいるとその感性に驚かされてついでにこころがうふふと軽くなる。だって、倍くらい近い人生の先達が、こんなもんでいいんじゃないのといってくれているのだから。

恩人

全部
恩人
犬も
猫も
人も
草も
木も
花も
実も
土も
空も
日も
朝も
昼も
夜も
星も
無も
有も
全部
恩人
神様

うふふ詩集 Book うふふ詩集

著者:まど みちお
販売元:理論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ワタシの湯のみ茶碗は「うふふ茶碗」。

Imgp5679

ワタクシのお気に入りは「ふ」。

Imgp6548

うふふうふふうふふと呟きながら生きていこう。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ラスト・チャイルド ジョン・ハート

多分、今年のベストに入る本。アメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長編賞と英国推理作家協会賞最優秀スリラー賞のW受賞作品。実力本ですね。

『少年ジョニーの人生はある事件を境に一変した。優しい両親と瓜二つのふたごの妹アリッサと平穏に暮らす幸福の日々が、妹の誘拐によって突如失われたのだ。その後まもなく父が謎の失踪を遂げ、母は薬物に溺れるように……。少年の家族は完全に崩壊した。だが彼はくじけない。ただひたすら家族の再生を信じ、親友と共に妹の行方を探し続ける。』(出版社の紹介文)

そおして、早川書房創立65周年&ハヤカワ文庫40周年記念作品のW周年出版本。だから、ハヤカワ・ポケットミステリー・ブックとハヤカワ・ミステリー文庫の同時刊行というちょっと変化球の出版本。ワタクシは、ポケミスを購入。

ラスト・チャイルド (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1836) Book ラスト・チャイルド (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1836)

著者:ジョン・ハート
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

450ページとちょいと長いが、中盤から、はがゆいなかで謎が少しづつ解けていく、またその先に謎が・・・。家族や友情を背景に、ワタクシが好みの哀愁感が漂うミステリー。しとしとと梅雨空のなかで読むのにふさわしい本かもしれない。ワタクシには通勤電車で眠らせてくれない通勤快読の一冊でありました。

前作の「川は静に流れて」もとてもよい本だったので、すっかりジョン・ハートにはパチパチと拍手なのであります。この本も、2008年のアメリカ探偵作家クラブ賞最優秀長篇賞受賞作なのであります。

川は静かに流れ (ハヤカワ・ミステリ文庫) Book 川は静かに流れ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者:ジョン・ハート
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ぱちぱち。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

立小便禁止 鳥居

山の峠に真っ赤な鳥居が立っていました。立小便をするなと言うことだろう。

Resize1253

バチが95%くらいあたりそうな迫力を感じる。平城宮跡の発掘現場からも「此所不得小便」と書かれた立小便禁止の看板が発見されたということなので、日本人は、立小便が昔からフツウだったのかもしれない。大都会のコンクリート社会の中では、なかなか出来そうもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

たんぽぽ にょろにょろ

ぽぽんたがにょろにょろと道路に侵入してきました。

Resize1272

蛇にでもなってみたかったのだろう。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

川を見つめる傘

なんとなく、声をかけそびれてしまいそうな傘さん。

P1200803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »