2014年8月 8日 (金)

暑い夏はかき氷

五日市の正しい氷屋さんのかき氷は、一貫目の塊氷をしゃりしょりしゃりしょりとかくので元祖的な美味。

しかも、シンプルなので安価。

Resize1556

ということで、

「万次郎の歩む読む飲む その弐」へどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

新しいページにお越しください

「万次郎の歩む飲む読む」にお越しいただきありがとうございます。このブログは、容量が一杯になったため新しいブログでブログっています。ぜひお訪ねください。

P1060497

「万次郎の歩む飲む読むその弐」

です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

美味しいうさぎ

年末に檜原村の美味なるパン屋さん、「まい酵母パンたなごころ」さんでいただいたうさぎの顔のパン。

Resize2594

江戸川橋近くの無添加焼菓子 le risaのうさぎのクッキー(アーモンドのクッキー)。うさぎ歳の人にあげたらたいへん喜ばれました。しかし、ここのクッキーというものは、宇宙的な旨さだな。メレンゲのクッキーとかチョコレートのクッキーなんか死にそう。

Resize2593

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

ひらの

日曜日、お気に入りのあきる野市のお蕎麦さん「ひらの」へ。

P1030793

本日は、かき揚げ天ぷらそばの人とワタクシは、鍋焼きうどん。なべ焼きうどん方面は、一切目も行かなかったが、歳とともに自然にそっちのほうに意識が働き出した。着実に「老人力」が増しているのが嬉しい今日この頃。

P1030789

ちゃんとした蕎麦好きも集まるそば屋さんなのだが、うどんも旨い。鍋焼きうどんの定番の卵がはいっていないのがさらに嬉しい。

かき揚げ蕎麦が登場。いつもここのかき揚げが登場するとしみじみと眺めてしまう。ふんわりとさっぱりとかあるく揚げられたかき揚げ。油感を感じさせないかき揚げはあんまりない。

Photo

蕎麦。

P1030787

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

みたか

三鷹のラーメン屋「江ぐち」が店じまいして寂しい哀しい想いをしていましたが、跡地に名前だけ変えて復活してくれました。名前は「みたか」。

P1030232

ビールの小瓶と竹の子ともやしのお皿を注文。

P1030229

ワタクシ定番の「竹の子ともやしの麺硬」を注文。

P1030231

麺が旨いねぇ。スープもなにやら昆布の深いコクが奥底からにじみ出てくるような上品傾向に変身。やはり癖になりそうなラーメン。これをまた食べられる幸せ。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

檜原村 たなごころ

日曜日に、ひさしぶりに檜原村のパン屋さん「たなごころ」に。

P1030257

砂糖も卵も牛乳も油脂もなぁんにも使わないパンたちは、命の風のような香りがする美味なパンたち。

P1030254

P1030253

P1030255

お店で食べる。

P1030264

ワタクシも東海道を歩きとおしたせいなのか、「たなごころ」のパンの旨さがわかる人に少し近づいたような気がしました。ワタクシの美味しさが成長する。

お気に入りの野菜スープ。

P1030262

ベランダのふくろうたち。

P1030258_2

『ふくろうはふくろうでわたしはわたしでねむれない』(山頭火)

P1030259

『ふくろうがよびかける声をきいている』(山頭火)

ベランダから覗いた秋川。まだ紅葉には少し早いようだ。

P1030261

ことしも紅葉の季節が終わると冬眠に入るそうなので、その前に美味なるパンを食べに行かなくてはいけないぞ。

営業は土日しかというパン屋さんなので、よおく研究をせねば食べられないパンたちなのであります。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

新宿 満来 チャーシュー麺

なんというか、時々無性に食べたくなるものがある。そのひとつが新宿の小田急ハルク裏にある「満来」のチャーシュー麺。

Resize2474

分厚く柔らかく、なんの味もしないチャーシューは、「またたのんでしまった」と後悔するのですが、時間がたつと食いたくなる。人間界にもそういう感じの友達がいたりするが、そんなラーメン。麺とスープとシナチクは好きだ。

Resize2473

合掌。

カウンターには、胡椒と酢しかないので、今度はマイ醤油とからしチューブを持参しようかな。ビールも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月24日 (金)

清水 金の字

清水駅近く。金の字本店の名物はモツカレー。一本90円なので、みんな5本とか3本をいきなり注文する。お持ち帰りの奥様たちは、30本とか40本と大量の注文。

Resize1836_2 

こんな鍋に串刺しのモツが煮込まれている。

Resize1832

モツカレー。

Resize1831

つくねと皮をタレで。体が疲れているとタレを欲す。

Resize1835

タン、ハツ、カシラは一本づつ塩で。これはどこにいってもの定番。

Resize1834

ここはもう一度行きたい。清潔感の白木のカウンターやテーブル、綺麗なさっぱとしたサービスがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

どぜう

こんな暑い季節には、どぜうが一番。

Resize1489

たっぷりの葱をのせ。追加で、ごぼうをたのみ。

Resize1491

つまみには、さらしくじらがいい。

Resize1494

酒は、京都のふり袖の枡。

Resize1496

江戸前の料理「海老の煮出し」を頼む。

Resize1497

くじら汁もいい。

Resize1501

こうして、正しい夏が過ぎていく・・・。

Resize1503

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 4日 (水)

京都・たかばし 新福菜館のしっとりせんべい

京都の土産に「新福菜館のしっとりせんべい」をいただきました。

Resize0160

京都に出かけると必ず立ち寄ります。「つまみチャーシューの白多目」をつまみに、ビールと熱燗を飲み、最後に「肉なしの麺かたいめ」を注文するのであります。

あの怪しげブラックな濃い醤油味を醸し出しているせんべいは、ビールに最適のおつまみでありました。美味怪しげなお味です。

・・・ラーメン喰いたくなった。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧